持っていくと便利な持ち物・服装のはなし


"Powered by Google"
東京ディズニーリゾート お役立ち情報検索


東京ディズニーリゾートおでかけ講座トップへ戻る

おでかけガイドどっとこむ東京ディズニーリゾートおでかけガイド>持って行くと便利な持ち物・服装のはなし


9.持っていくと便利な持ち物・服装のはなし



このページでは、持って行くと便利な持ち物・服装についての情報を確認する事ができます。


 季節によって、当日の天気によって、個人の目的のよって、持ち物や服装が変わります。
 どんなものを持っていけばいいの?ではなく、どんなものがあると便利なの?という視点で、
 アドバイスができればいいと考えています。

 夏は暑い、冬は寒いのは、誰でもわかると思いますが、東京ディズニーリゾートがどれだけ
 暑く、寒いのか?また、それらの対策をする為に持っておくと便利なものはないか?
 下記のように分類してみました。


東京ディズニーリゾートおでかけ講座月別


 12月〜2月
  とても寒いです。半端ではない寒さです。東京ディズニーリゾートは海の上にある為、
  風が冷たく、地面もコンクリートですので、寒さも倍増です。寒さ対策を怠らないで下さい。
  また、冬でも天気の良い日は日差しが強いので、日焼け対策も必要です。

 3月〜5月
  比較的過ごしやすいです。日影や日没後など肌寒く感じる場所や時間もありますので、
  上にひっかける長袖があればいいと思います。日差しがかなり強くなるので、日焼け対策は
  十分にしておいた方がいいと思います。
  日傘なども必要です。花粉症の方には、つらい時期です。マスクやゴーグルなど、しっかりと
  花粉症対策もしておきましょう。

 6月〜9月
  目玉焼きの気持ちが分かるくらい、ジリジリと暑いです。太陽が上から、コンクリートの暑さが
  下から襲ってきます。熱中症や日射病対策が必要です。必ず帽子、日傘は必要です。
  また、タオルやハンカチなど水に濡らして首などにかけておくと、暑さはマシになります。
  ペットボトルや水筒を用意し、常に水分補給ができるようにして下さい。
  水飲み場はたくさんありますので、ペットボトルや水筒などに水を入れて携帯しておくと、
  大変便利です。雨の日は真夏でも気温が低下し、肌寒く感じる事が多いです。
  また、レストランなどエアコンがききすぎて、寒い場所もありますので、真夏でも長袖は
  必要と思います。

 10月〜11月
  暑さも和らぎ、涼しくなる時期ですので、比較的過ごしやすい時期です。
  日没の時間も早くなり、日没後は寒くなりますので、Tシャツの上にトレーナーを着るくらいが
  丁度いいと思います。涼しくなる時期ですが、日焼け対策は 怠らないで下さい。
  日焼け止めを塗らないと、顔が真っ赤になってしまいます。

 さらに詳しく
  1月のはなし  2月のはなし  3月のはなし  4月のはなし  5月のはなし
  6月のはなし  7月のはなし  8月のはなし  9月のはなし  10月のはなし  
  11月のはなし  12月のはなし


東京ディズニーリゾートおでかけ講座天候別


 晴れの日
  日焼け対策、熱中症・日射病対策、脱水対策が必要です。

 曇りの日
  少々寒く感じるときもありますので、長袖の防寒具は準備しておいた方がいいと思います。
  また、折りたたみ傘はかばんに入れておいた方が安心です。

 雨の日
  雨の日は、傘だけではなく、レインコートがあればいいと思います。パーク内にも雨具が
  売っていますので、荷物になるのが嫌だという人は現地調達をしてもいいと思います。
  気温は低下するので、防寒具を忘れずに。
  また靴も防水加工したものを履いた方が良いです。靴下までびしょびしょになる可能性が
  高いです。防水加工の靴がない人は、靴や靴下の替えがあるといいかもしれません。
  また地面が滑りやすくなりますのですべりにくい靴も必要です。


東京ディズニーリゾートおでかけ講座その他


 <寒さ対策で必要なもの>
  貼るタイプのカイロ(背中に貼ると暖かい)、帽子、耳あて、マフラー、ひざかけ(毛布)、
  携帯用座布団、手袋、あったか靴下、服(パンツ)の下に着る(履く)インナー、防寒加工の靴

 <日焼け・熱中症・日射病対策に必要なもの>

  日焼け止めクリーム・サングラス・タオル・ペットボトルか水筒・日傘・帽子・長袖の上着

 <防水対策に必要なもの>
  傘・レインコート・タオル・ビニール袋・防水加工、滑り止めのついた靴・長袖の上着

 <その他、必要なもの>
  カメラ、サインペン、サイン帳(キャラクターと写真を撮ったり、サインをしてもらったりする時に使う)
  レジャーシート・携帯用座布団(パレード・ショーの場所取りに必要) 
  常備薬 (パーク内に救護室はありますが、頭痛薬、胃腸薬、傷薬、傷テープくらいは、
  緊急時の為に持っておくと便利です。)

 <交通機関で必要なもの>
  歯ブラシセット(夜行バスで行く人は、翌朝のはみがきの為)
  ひざかけ(夏でもエアコンがきいているので、バスタオルを持って行くと防寒具にもなり便利です)
  エアー枕(首の固定と安眠の為)、 耳栓(安眠の為)、乗り物酔い止めの薬


東京ディズニーリゾートおでかけ講座東京ディズニーリゾートでの体験談

 持ち物や服装は本当に気になりますよね。パークに行き出して最初の方。
 私は持ち物や服装は気にしなかったです。なるべく荷物は少なく、服もおしゃれを重視して、
 旅行者なのに、小さなカバンで必要最小限の荷物で行きました。持っていたのはカメラ、
 携帯電話、ティッシュ、ハンカチ、翌日の着替えくらい。あとは現地で調達すればいいと
 何も持って行かなかったのです。
 そしたらどうでしょう?寒さが最高潮のクリスマスの時期。
 マフラー、手袋、帽子、ジャケット、カイロ、耳当て…全て。現地調達をすることになりました。
 まだパーク周辺に店が充実していなかった時代ですから、パーク内でしか調達ができず、
 かなりの額になったことを覚えています。お土産を買う余裕はありませんでした。
 事前に確認していなかった為、様々な失敗をしてきました。なので、事前に持ち物と
 服装の情報はしっかりと確認し、準備しておくことが大切だと思います。
 行く度に荷物が増え、今では5泊用キャスター付きバックをいっぱいにしてパークに
 向かいます。準備万端にしていれば、何も怖いことはない。
 荷物が多いのも大変なので、情報をしっかり入手し、事前に準備しておくことをお勧めします。


 ホテルの予約は済まされましたか?まだの人は・・・・・
 格安で宿泊ができるお得な情報があります。


 ゆっくり泊まって東京ディズニーリゾートを満喫したい方は必見!!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓